ログイン
企業検索
既に会員プランをご利用の方はこちらからログインしてください。
ログイン
農業・フード
logo
UPSIDE Foods
農業・フード
B to B (B2B)B to C (B2C)

事業概要

UPSIDE Foods(旧名:Memphis Meats)は、実際の動物を飼育・屠殺することなく、動物の細胞から直接生産される肉を開発しています。このアプローチでは、従来の食肉生産よりも水、土地、エネルギーが大幅に削減され、消費者はクリーンで人道的、かつ有害な化学物質を含まない食肉を楽しむことができるようになります。2015年にウマ・ヴァレティ博士が共同設立し率いるUPSIDE Foodsは、カリフォルニア州バークレーに本社を構えています。
UPSIDE Foods
米国 カリフォルニア州 Berkeley
2015年
約101-250名
Grant
調達額累計: $598.0M
U.S. Department of Agriculture
Active
B to B (B2B)B to C (B2C)
Shape
Data partially provided byCrunchbase

CEOプロフィール

Uma Valeti
CEO & Co-founder
ウマは、動物の細胞から直接養殖された本物の肉(クリーンミートまたは培養肉と呼ばれることもある)の商業的な実現可能性を高めることに、レーザー光線を当てている。心臓専門医である彼は、肉は安全で持続可能であるだけでなく、身体と魂に良いものであるべきだと考えています。起業とビジネスの経験が豊富で、食品、医療、ハイテクなど様々な企業に投資している。ウマはThe Good Food Instituteのアドバイザリーボードメンバーであり、ニューハーベストの元ボードメンバーで、クリーンミート運動のリーダーでもある。健康科学における多くの貢献に加えて、収益性の高い、世界にポジティブな未来のフードシステムの開発をリードすることが最大の貢献だと考えている。ウマは心肺停止状態の人を何人も助けたことがある。

資金調達情報

会員プラン限定
法人向け情報プラットフォーム
BLITZ Portal」の有料コンテンツです。
お問い合わせ・資料請求

出資先

会員プラン限定
法人向け情報プラットフォーム
BLITZ Portal」の有料コンテンツです。

類似企業

会員プラン限定
法人向け情報プラットフォーム
BLITZ Portal」の有料コンテンツです。

ニュースリリース

2024.02.16 Fri
by Crunchbase
2024.02.16 Fri
by Crunchbase
2024.02.02 Fri
by Food Business News
1
5
/
137
マッチング依頼印刷する
米国 カリフォルニア州 Berkeley
2015年
約101-250名
Grant
調達額累計: $598.0M
Active
B to B (B2B)B to C (B2C)
Data partially provided byCrunchbase
Google Patent 検索
情報修正依頼
Copyright © 2024 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.
PC閲覧推奨 モバイル表示よりも
多くの機能がお試しいただけます