ログイン
企業検索
既に会員プランをご利用の方はこちらからログインしてください。
ログイン
IT・セキュリティ・通信
logo
Appier
IT・セキュリティ・通信
B to B (B2B)データ分析ソフトウェアAI / 機械学習IT

事業概要

Appierは、ブランドや小売業にAIを活用したプラットフォームを提供し、顧客エンゲージメントの向上を支援するテクノロジー企業です。同社は、企業がクロススクリーン時代に成長し成功するために、人工知能を簡単に利用できるようにしています。また、リアルタイム入札やプログラマティックメディアバイイング、人工知能、データ、クロススクリーンターゲティングソリューションを促進するプラットフォームを提供しています。また、Appierはディープラーニングを提供し、出版社やブランドが自社製品の新しいオーディエンスを発見するのを支援します。Appierの製品は、小売業者が顧客を維持し、広告主がAIプラットフォームを使用してユーザーの行動を予測し、消費者の傾向を理解して活用することを支援します。同社は、自動機械学習と呼ばれる技術を使用しており、顧客は専門のAIエンジニアを雇用する手間をかけずに、より良いユーザーターゲットを設定することができます。Appierは、台北、シンガポール、クアラルンプール、東京、大阪、シドニー、ホーチミン、マニラ、香港、ムンバイ、ニューデリー、ジャカルタ、ソウル、バンコクなどアジア14市場のオフィスから約1000のグローバルブランドやエージェンシーにサービスを提供しています。2012年に設立され、本社は台湾の台北にあります。
Appier
台湾 Taipei
2012年
約251-500名
IPO
調達額累計: $164.5M
Sequoia Capital
Su Jiayong
Active
B to B (B2B)データ分析ソフトウェアAI / 機械学習IT
取材記事:
https://techblitz.com/appier-group/
Shape
Data partially provided byCrunchbase

CEOプロフィール

Chih-Han Yu
CEO
Chih-Han Yuは、企業がクロススクリーンの世界で成長し成功するために人工知能を簡単に利用できるようにするテクノロジー企業であるAppierのCEO兼共同設立者です。彼のリーダーシップのもと、Appierは5人のスタートアップから、アジア全域に従業員を抱える急成長企業へと成長しました。 人工知能(AI)、ロボット工学、機械学習の分野で数多くの研究論文を執筆し、2件の米国特許を取得しています。2010年にはハーバード大学でコンピュータサイエンスの博士号を取得し、ハーバード大学医学部のWyss Institute for Biologically Inspired Engineeringと共同で、ポリオ患者の正しい歩行を支援する自己適応型ロボットシステムを開発しました。博士論文は、マルチエージェントAI分野の年間最優秀論文にノミネートされた。ハーバード大学以前は、スタンフォード大学で修士号を取得し、Andrew Ng教授やSebastian Thrunと機械学習について研究していました。最近では、世界経済フォーラムによる2016年のヤング・グローバル・リーダーに選出され、アジアのAI企業としては唯一、Appierがそのリストに名を連ねました。 Appier設立以前は、インテリジェントなモバイルゲームやソーシャルゲームの開発に注力する独立系ゲームスタジオ、Plaxieを設立・運営。

資金調達情報

会員プラン限定
法人向け情報プラットフォーム
BLITZ Portal」の有料コンテンツです。
お問い合わせ・資料請求

出資先

会員プラン限定
法人向け情報プラットフォーム
BLITZ Portal」の有料コンテンツです。

類似企業

会員プラン限定
法人向け情報プラットフォーム
BLITZ Portal」の有料コンテンツです。

ニュースリリース

2024.02.20 Tue
by PRNewswire Asia
1
5
/
70
マッチング依頼印刷する
台湾 Taipei
2012年
約251-500名
IPO
調達額累計: $164.5M
Active
B to B (B2B)データ分析ソフトウェアAI / 機械学習IT
Data partially provided byCrunchbase
Google Patent 検索
情報修正依頼
Copyright © 2024 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.
PC閲覧推奨 モバイル表示よりも
多くの機能がお試しいただけます